AGA治療で効果のあるプロペシアとミノキシジル

髪が薄い男性

男性にとっての薄毛の原因となる要素には様々なものが挙げられます。
頭皮の血行が悪化したり、毛穴に皮脂や汚れが詰まったりすることで頭髪の成長が失われるのはもちろん、ストレスや疲労、睡眠不足、偏った食生活、アルコールやニコチンの過剰摂取などの生活習慣においても薄毛は起こってしまうもの。
ですが、それ以外にもAGAという病気が関係している場合もあるので要注意です。

AGAとは男性ホルモンが関連して頭髪の薄毛を引き起こす病気のこと。
この症状を改善するためには病院での薬の処方などで地道に治療していくことが必要です。
中でも内服薬のプロペシア、それに付け薬であるミノキシジルはAGA治療に欠かせないものと言えるでしょう。

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれており、これは頭皮にある特殊な酵素の働きを抑制することで知られています。
AGAの場合、男性ホルモンがこの酵素と反応し合うことによって頭髪の成長を妨げる物質を作り上げるので、このプロペシアを服用することによってその作用をコントロールして抜け毛や薄毛を抑えることができるでしょう。
プロペシアは通販で簡単に購入できるので、長期服用を考えているなら通販でプロペシアをまとめ買いされるとよろしいかもしれません。

一方、ミノキシジルは毛細血管を拡張させる効能を持っています。
薄毛の生じた箇所に塗ることによってその部位の血管が拡張され、血流量が上昇します。
AGAでは毛細血管の血行が悪化し、血液を介して頭髪に栄養分がきちんと行きわたらないことも薄毛の原因となりますが、ミノキシジルを使うとこうして栄養分が過不足なく補充できる状態となりますので頭髪が再び成長力を取り戻していくことでしょう。
これらプロペシアとミノキシジルという二つの治療薬を効果的に使用していくことで、AGAは早い人ならば数週間で、遅い人手も半年から一年が経過する頃までには抜け毛の改善、毛質の変化、発毛の実感などが得られるはずです。