AGAの薄毛治療薬は継続が重要

以前のような薄毛治療薬のように、漠然とした効果ではなく、医学的に証明できる効果を持つ治療薬が出たことで、多くの薄毛悩む人の、拠り所をつくってくれました。
現在はAGA男性型脱毛症と呼ばれるようになり、社会でも認知され多くの薄毛に悩む世の男性が、クリニックに駆け込んでいます。

AGAは脱毛原因を作る男性ホルモンが影響でもたらします。
この男性ホルモンの産生を抑えることで、脱毛を予防することになり、AGA治療をするのであれば、治療薬は必要になります。
まだ脱毛予防と同時に大切なのは、発毛です。
よって脱毛と発毛という観点を同時に攻める必要があり、どちらが欠けても意味がありません。
あくまでも同時に行うことが薄毛の解消に繋がります。

またAGA薄毛治療薬というのは、一度だけ服用すれば良いというものではありません。
髪の毛を諦めるその日が来るまで、服用し続けなければなりません。
毎日服用することが推奨されますが、1日や2日くらいは服用できなかったということもありますので、そのくらいの期間であれば問題はありませんが、長く服用しなければならない治療薬でもあります。

またAGA治療薬は、保険適用外になることから、クリニックで処方されるたびに自己負担になります。
保険適用外になることから個人輸入代行業者で治療薬を購入する人が増えるようになりましたが、医薬品になりますので、必ず医師の診察を受けてから服用することが求められます。
またこれらの薬というのは、AGAの患者でなければ効果がありません。
よってまず自身に薄毛の原因が、脱毛原因になる男性ホルモンの影響であるAGAであるのかを診断して貰うようにしましょう。
せっかく良い薬が出ましたので、まずはクリニックに行って診察を受けてください。