薄毛を隠すヘアスタイルって?

脱毛を心配している男性

AGAになってしまうと、少しずつ髪の毛が薄くなっていきますから、場合によっては頭皮が見えてしまったりもします。
薄毛が気になりだすと、周りの目なども気になったりしますから、中には外出するのも嫌になってしまう人もいます。
しかし、AGAによる薄毛の状態はヘアスタイルを工夫することによって、ある程度薄毛を隠すこともできます。
ヘアスタイルを工夫する前に、まずは自分の薄毛の状態をチェックすることが大事になってきます。
AGAの場合、薄毛が頭頂部から始まっている人もいれば、額の生え際あたりから始まっている人もいるからです。
もしも、薄毛の状態が頭頂部から始まっている場合は、なるべくサイドを刈り上げて短髪にした方がより薄毛を目立たなくさせることができます。
薄毛を隠すために長髪にしている人も見かけますが、これは返って薄毛の部分を目立たせてしまうため、反って逆効果になっているということが言えます。
サイドを刈り上げて短髪にすることによって、サイドの髪の毛の印象を弱くすることによって、頭頂部の髪の毛の薄さをカバーすることができます。
額の生え際から薄毛が進行している場合も同様に短髪にした方が、反って薄毛が目立たなくなります。
中には、前髪を垂らしてカバーしようとしている人もいますが、それだと薄毛があるということが逆に目立ってしまいます。
なるべく短髪にして髪の毛を立てるなどの工夫をすると、薄毛でもかっこいいヘアスタイルにすることができるでしょう。
また、かなり薄毛が進行してしまっている人も中にはいると思いますが、このような場合は、思い切ってスキンヘッドに近い状態にしてしまうという方法もあります。
頭の形が良い人であれば、坊主もかっこよく見られますし、薄毛であってもあまり目立ちません。